リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  クルミは高齢者の認知機能低下を遅らせるかも
2020.2.6 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ハイリスクの高齢者集団において、2年間のクルミの摂取が認知機能の低下を遅くするようだ、という米国ロマリンダ大学からの研究報告。

『クルミと健康的な加齢』研究は、スペイン・バルセロナとカリフォルニア・ロマリンダの2センターで実施されたランダム化対照臨床試験であり、認知機能に問題がない高齢者における2年間にわたるクルミ摂取が認知機能に及ぼす影響を検証するものだった。

研究チームは、63-79歳の自立して生活している高齢者708名(68%が女性)を対象に、1日30-60g(最大15%エネルギー)のクルミを含んだ食事またはクルミを含まない対照食にランダムに振り分けた。バルセロナ参加者は、喫煙者が多く、学歴、神経心理学スコアの低い者が多かった。2年後に、認知機能検査を実施した。バルセロナの参加者には脳MRIも繰り返し実施した。

636名が試験を完了した。全体的な認知機能には変化がみられなかったが、バルセロナの参加者には、有意な変化がみられたという。

研究チームは、より多く喫煙した神経心理学スコアの低い高齢者により大きな影響を及ぼしたようだ、と述べている。

「これらの励ましになるが決定的ではない結果は、今後の研究を必要とする。特に障害のより多い集団におけるより長期の摂取に期待が持てるだろう」と研究チームは結論付けている。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  高齢者はよりバランスのとれたたんぱく質摂取が必要?  
  低炭水化物ダイエットが脳の加齢を逆転させる可能性  
  心を健康に保つには、多様性と一貫性が不可欠  
  地中海型ダイエットは「健康な老化」に関連する細菌を増やす?  
  「年齢型」は新しい加齢モデルを提供する?  
  フレイル指数が高齢患者の退院後の指標になるかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報