リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  フレイル指数が高齢患者の退院後の指標になるかも
2020.1.23 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

新しいフレイル指数は、高齢の入院患者において急性疾患がどのように身体機能に影響を及ぼすか明らかにするのに役立つかもしれない、というカナダ・ダルハウジー大学等からの研究報告。

高齢のフレイル患者はしばしば急性疾患での入院に際して、身体機能を低下させる。患者のフレイルを彼らの疾患との関連で理解することができれば、退院後のサポートに役立つだろう。

研究チームは、ロンドンのユニバーシティカレッジ病院で、通常の臨床検査データを用いてフレイル指数を開発し、入院アウトカムデータと関連付けた。

データ解析の結果、フレイル指数がより高い患者は、再入院のリスクが18%高く、死亡リスクが45%高いことが明らかになった。

「急性期において臨床的フレイルを評価することは困難である」と共同研究者のサミュエル・シアル博士は語っている。「このフレイル指数がその助けになるだろう。」

出典は『CMAJ』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  高齢者における低炭水化物高脂肪食の可能性  
  加齢による高血圧、メカニズムを解明  
  硝酸塩サプリは高齢者の呼吸と肺クリアランスを助ける  
  加齢には2つのまったく異なる道がある  
  認知症予防、12のポイント  
  デスクワークが認知機能の低下を抑えてくれる!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報