リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  17万年前、南アフリカで初期人類はでんぷん質食品を調理した
2020.1.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

「クワズル・ナタール/エスワティーニ国境のレボンボ山地のボーダーケイブの住民は、17万年前にでんぷん質の植物を調理していた」と、南アフリカ・ウィットウォータースランド大学ウィッツ進化研究所の科学者であるリン・ワドリー教授は言う。

「この発見は、同様の植物を調理するための以前の報告よりもはるかに古いものであり、アフリカ南部の現代人の行動に関する興味深い洞察を提供します。また、古代人が食物を共有し、地面から植物を掘り起こすのに木の棒を使った可能性も示唆されます。」

出典は『サイエンス』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  食事制限が人に与える影響  
  2030年までに米国の半数が肥満になるかも  
  わたしたちはどこから来たのか?:アジア人の遺伝的多様性  
  科学者は頭に性とジェンダーを持つべきである?  
  家族の世話は世界中の人々を動機付ける  
  西欧500年の婚外子に関する科学的考察  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報