リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  超加工食品の摂取量が多いと2型糖尿病が増加するかも
2020.1.7 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

スナック菓子などの超加工食品の摂取量が多い人では、糖尿病のリスクが増加した、という仏パリ大学からの共同研究報告。

対象者は、フランスのインターネットべースの大規模コホート研究(French NutriNet-Sante cohort 2009-2019)に参加した18歳以上の104,707人(平均年齢42.7歳)であった。研究では、対象者の超加工食品の摂取と2型糖尿病のリスクとの関連を検討した。食品摂取量は、24時間思い出し法を用いて算出した。

超加工食品とは、防腐剤や着色料、乳化剤などを含む加工食品や加糖飲料のことである。スナック類や菓子類のほか、調理済みの肉や魚、ハムやソーセージ、インスタント食品なども含まれる。

平均6.0年の追跡調査の結果、超加工食品(特に、炭酸飲料、エナジードリンク、人工甘味料入り飲料などの甘い飲料、香料などの入った乳製品、乳化剤の入ったソースやドレッシング類)を多く摂取した人では、2型糖尿病のリスクが有意に高いことが明らかになったという。

本研究は、大規模観察的前向き研究であり、別の集団、セッティングでの検証が求められるが、栄養政策担当者が超加工食品の摂取を制限するよう推奨することを支持するエビデンスを供給するものである、と研究チームは結論付けている。

出典は『JAMA内科学』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  そのアールグレイのカップを置いて!  
  高炭水化物の菜食で1型糖尿病が改善?  
  ウコンが持つ抗ウイルス作用の可能性  
  瞑想は心疾患のリスクを低下させるかも  
  高脂肪食×抗生物質、腸の炎症リスク大幅増  
  腸はフルクトースによる損傷から肝臓を保護  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報