リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  幼年期の酸化ストレスが寿命を延ばす?
2020.1.7 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

幼年期のある種のストレスは長寿につながる可能性があるかもしれない、という米国ミシガン大学からの線虫を用いた動物実験の結果報告。

研究チームは、生物が発生初期の段階で経験した酸化ストレスがその後のストレス耐性を高めることを発見した。

線虫(C.elegans)を調べた結果、発生中により多くの酸化物質を産生する線虫は、より少ない酸化物質を産生する線虫よりも長生きであることを発見したという。

酸化物質の生成は、ヒストン修飾因子に影響を及ぼし、それが寿命に影響するという。ただ、それがどのように寿命の延長に関与しているかは不明である。

「人生の初期の出来事が、人生の後半に深く肯定的な影響をもたらすという考え方は本当に魅力的だ。ストレスと老化、加齢性疾患の強い関連性を考えると、人生初期の出来事は、認知症やアルツハイマー病などにも影響している可能性がある」と主任研究者のアーシュラ・ヤコブ教授はコメントしている。

出典は『ネイチャー』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  イギリスのベビーフード市場は7年間で急拡大した  
  父親は栄養または運動カウンセリングに紹介される可能性が高い  
  ママと赤ちゃんは母乳を介して「善玉菌」を共有  
  学校での健康的な食事と身体活動環境は小児肥満問題を救う  
  小児期の肥満の経験は11-12歳で心臓の健康に悪影響  
  父親と遊ぶと自制心が育つ  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報