リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  間欠断食:絶食で長生き!?
2020.1.6 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

間欠断食は、最近流行し始めたダイエットだが、本当に効果があるのだろうか。米国ジョンズホプキンズ大学によるレビュー報告。

神経科学者のマーク・マットソン教授は、25年にわたって間欠断食の健康影響を調べており、約20年前からは彼自身が実践しており、「間欠断食は健康的な生活習慣の一部とすることが可能だ」と書いている。

間欠断食には2種類あり、(1)1日の食事時間を6-8時間の中で済ませ、それ以外に時間に食べないというものと、(2)5:2ダイエットと呼ばれる、週2日を1日1回の中サイズ食に限定するものである。

一連の動物実験といくつかのヒト研究から、絶食と摂食の時間を交互に繰り返すことは、代謝スイッチと呼ばれるいにしえの食糧不足への適応反応を引き起こすことにより細胞の健康をサポートすることが示唆されている。このスイッチは、細胞が急速にアクセス可能な糖質燃料のストックを使い果たし、より遅い代謝プロセスで脂肪を燃料にし始めるときに起きる。

マットソン教授は、多くの研究がこのスイッチが血糖制御を改善しストレスへの抵抗性を増し、炎症を抑えることを示していると述べている。殆どの米国人は毎日3食プラスおやつの生活をしているから、このようなスイッチは経験することがないのである。

記事の中で、マットソン教授は、動物とヒトを対象にした4件の研究が、間欠断食で血圧、血中脂質レベル、休息時心拍数も低下することを報告したと述べている。

間欠断食が肥満と糖尿病の関連リスク因子を改善するというエビデンスも増えている、とマットソン教授は言う。100人の肥満女性を対象にした2件の研究が、5:2ダイエットで、カロリー制限ダイエットと同様に減量できただけでなく、それ以上にインスリン感受性を改善し腹部脂肪を減らしたと報告している。

最近の予備的な研究では、間欠断食は脳の健康にもよさそうであることが示唆されている、とマットソン教授は続けている。

「我々はターニングポイントにいる。しばらくすれば、間欠断食は医学部のカリキュラムに加えられるだろう」とマットソン教授は語っている。

(ニューイングランドのクリスマス特集?:−)

出典は『ニューイングランド医学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  本物のプロバイオティクスと呼べる細菌とは?  
  植物ベースの食事が健康的な加齢を促進する助けに  
  減量のためにどのくらい断食する必要がありますか?  
  ヒトが、お腹一杯ピザを食べるとどうなるかを検証!  
  なぜ日本人は長寿になった? 食と栄養から探る  
  糖への欲求と摂取を制御する脳細胞が特定された  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報