リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  唐辛子を食べることは心臓発作や脳卒中を予防するかも
2019.12.25 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

定期的に唐辛子を摂取する人は、唐辛子を食べない人と比べて全死亡リスクが低かったという、イタリアのI.R.C.C.S.の予防疫学部門、サニタ医科大学、インスブリア大学、地中海心臓センターからの共同研究報告。

研究では、モリサニ研究に参加した22,811人を対象として、平均8年間の追跡調査を行った。その結果、唐辛子を習慣的に摂取(週4日以上)する人では、心筋発作のリスクが40%も低かった。さらに、脳血管疾患の死亡リスクは、50%以上低かった。

「唐辛子の摂取による死亡リスクの低下は、食事パターンとは独立していた。言い換えれば、健康的な地中海式食を食べた人であっても、健康ではない食事を食べた人であっても、唐辛子は予防効果があった」と、マリアラウラ・ボナッチョ博士は述べている。

モリサニ研究は、欧州と地中海の人を対象として、香辛料と死亡リスクとの関連を明らかにした初めての研究である。

「唐辛子は、イタリアの食文化に必要な食品である。私たちは、唐辛子をバルコニーに吊るしたり、宝石に描かれたりしているのを目にする。何世紀にもわたり、唐辛子の有益な効果は、魔法ではないが、伝統や逸話に基づいていた。そのため、科学的な根拠を示すことが重要であった。現在、中国や米国でも観察されているように、様々な唐辛子の種類が、世界で色々な方法で食べられている。唐辛子は、私たちの心臓発作を予防するだろう」とヴァレーゼ大学リシア・イアコビエッロ教授は述べている。

唐辛子や類似の種類(カプサイシンを含む)の生化学的メカニズムは、更なる研究が必要であるが、辛い食べ物が好きな人の習慣の理由は、心臓発作の予防という、もう一つの理由があったのかもしれない。

出典は『米国心臓学会誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  不妊治療の男性に葉酸、亜鉛サプリは効果なし  
  過剰な脂肪が膵臓に溢れて2型糖尿病を起こす!?  
  カフェインは脂肪、糖類摂取の悪影響を緩和する?  
  超加工食品の摂取量が多いと2型糖尿病が増加するかも  
  行動介入は薬と同じくらい食物摂取を減らせる!?  
  がん患者は一般人と比べて脳卒中による死亡リスクが高い?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報