リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  筋量を維持するメカニズム
2019.12.23 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

高齢者でCaVbeta1Eたんぱく質の発現低下が筋力の低下に関連しているようだ、という仏ソルボンヌ大学からの研究報告。

骨格筋は人体で最も量の多い組織(約40%)であり、移動や生命維持(心拍や呼吸)に必須の役割を有している。加齢に伴い、多くの人で筋量、筋力の低下が起こる。これはサルコペニアと呼ばれる。障害と依存につながるこの状態は、2016年にWHOによって疾患のひとつとして定義された。

研究チームは、老若マウスを用いた研究でGDF5を活性化するCaVbete1Eたんぱく質を同定した。このメカニズムによって加齢マウスの筋量と筋力が維持されることにより、サルコペニアが予防できるかもしれないという。

今回研究チームは、ヒトでCaVbeta1Eたんぱく質を発見した。その発現が高齢者の筋量の低下に関連しており、このたんぱく質の発現低下は、筋量の低下と相関していたという。

今回の研究は、加齢に伴う筋肉の減少に対抗するための新たな治療戦略の開発につながるものと期待される。

出典は『サイエンストランスレーショナル医療』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  継続してお茶を飲むと健康的に長生きできる?!  
  加齢が心血管疾患及ぼす影響に関する新しい洞察  
  肥満の高齢者の骨の健康を保護する運動療法はどれですか?  
  心肺フィットネスの改善は認知症なしの長寿につながる?  
  ビタミンD欠乏は60歳以上の成人の筋肉機能低下と関連  
  自らの健康について真実を語っているのは誰か?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報