リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  クリスマスシーズンにたんぱく質をどうするか?
2019.12.16 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

推奨されるよりも多くのたんぱく質を毎日摂取しても、得られる利益はわずかであるかもしれない、という米国パデュー大学からの研究報告。

推奨たんぱく質摂取量は、1日体重1kg当たり0.8gであり、3オンスの赤肉、3カップの乳製品、1オンスの種子またはナッツに相当する。

研究チームは、系統的レビューおよびメタ分析によって、推奨量以上のたんぱく質の摂取の与える影響を検討した。18件の研究が見つかった。

解析の結果、推奨量以上のたんぱく質摂取は、除脂肪体重を増やす効果があることが明らかになった。減量時に除脂肪体重の低下を抑え、レジスタンス運動後に除脂肪体重を増やしたという。

けれども、それ以外の特に負荷のかかっていない条件下では過剰なたんぱく質には効果がみられなかった。

「減量を始める場合、食べる物すべてを減らしてはいけない。たんぱく質が減るからだ。代わりにたんぱく質の多く食品を適度に増やすように努めてほしい」と主任研究者のウェイン・キャンベル教授はコメントしている。

出典は『栄養学の進歩』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  低・中所得国の極端な栄養状態:肥満と低栄養  
  間欠断食:絶食で長生き!?  
  健康的な食事は、難聴のリスクを軽減する?!  
  友人や家族と食事をするとき、人々はより多く食べる  
  食事の臨床試験にはアウトカムの設定修正がよくある?  
  職場での加糖飲料の販売禁止は良い効果をもたらす  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報