リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  肥満の高齢者の骨の健康を保護する運動療法はどれですか?
2019.12.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

肥満高齢者の減量には、レジスタンス運動を含めることが同時に起こりがちな骨量の減少を防ぐ上で有効であるようだ、という米国ベイラー医科大学からの研究報告。

肥満の高齢者の減量アプローチが成功すると、骨量減少と骨折のリスク増加につながる可能性がある。研究チームは、どのような運動がそのような骨量の減少に役立つかを調べた。

ニューメキシコに住んでいる65歳以上の160人の肥満男性と女性のランダム化比較試験で、研究チームは、単独または有酸素運動と組み合わせたレジスタンス運動が、体重減少によって引き起こされる股関節骨密度の減少を減らすのに効果的であることを発見した。興味深いことに、有酸素運動だけでは効果がなかったという。したがって、肥満の高齢者の減量療法中の骨量減少を防ぐために、レジスタンスエクササイズが推奨されるという。

「食事療法と定期的な運動、特に加齢中の身体機能を改善し、骨の健康を維持するためのレジスタンス運動を含む健康的なライフスタイルを実践するのに遅すぎることはありません」と主任研究者のデニス・T・ビジャレアル博士は語っている。

出典は『骨及びミネラル研究雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  継続してお茶を飲むと健康的に長生きできる?!  
  筋量を維持するメカニズム  
  加齢が心血管疾患及ぼす影響に関する新しい洞察  
  心肺フィットネスの改善は認知症なしの長寿につながる?  
  ビタミンD欠乏は60歳以上の成人の筋肉機能低下と関連  
  自らの健康について真実を語っているのは誰か?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報