リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  中年期の筋肉量が多い人は心疾患のリスクが低い?
2019.12.6 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

中年期に骨格筋量が多いことは、将来の心疾患リスクが低いことに関連しているようだ、というスペイン・サントジョアンドデュ病院研究所からの報告。

筋肉量の維持は、心血管系の健康増進に効果的な方法であり、心筋梗塞、脳卒中から守ってくれる助けになるかもしれない、という。特にあなたが男性であるならば。

筋肉量は30代半ばから次第に衰え始め、10年で3%の割合で減少していくという。筋肉は様々な代謝プロセスに活発に関与しているので、障害リスクや死亡リスクの上昇にも関連する。

研究チームは、3,042名のギリシャ人を対象に前向き集団ベースのコホート研究を実施した(ATTICA研究)。全員が白人で1,514名が男性だった。2,020名について2012年まで10年間追跡調査によって心血管系事象が報告された。そのうち1,019名は2002年に45歳以上だった。

10年間の追跡期間中、1,019名の中年参加者のうち272例の心血管疾患(脳卒中を含む)が報告された。

男性は女性に比べて心血管疾患の発症リスクが4倍高かった。

最も筋肉量の多かった者は、最も少なかった者に比べて、心血管疾患の発症リスクが81%低かった。高血圧、糖尿病、肥満の有病率は、すべて筋肉量が最も多い人の間で低かったという。

ただし、詳細に解析した結果、食事、家庭収入、学歴、などで調整すると、筋肉量が心血管疾患のリスクと有意に関係していたのは男性だけだった。

出典は『疫学と共同体保健雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  活動的であることは前立腺がんのリスクを軽減する?  
  運動を続けると脳の灰白質に良いことが判明  
  運動が心臓病を防ぐ理由を説明する研究  
  有酸素運動と健康的な食事は記憶障害の発症を遅らせる?  
  心臓代謝問題のある患者に加速度計が有効かも?  
  定期的な運動は心臓病患者のリハビリに有効  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報