リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  高強度運動が高齢者の記憶を改善するようだ
2019.11.29 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

高強度インターバル訓練は、高齢者の記憶力の改善に役立つかもしれない、というカナダ・マクマスター大学からの研究報告。

研究チームは、12名の座位中心の生活をしているが健康な60-88歳の高齢者に12週間にわたって週3回の運動をしてもらった。参加者は、(1)高強度インターバル訓練(HIIT)、(2)中強度持続的訓練(MICT)、(3)対照群:ストレッチの3群に分けた。

高強度インターバル訓練は、4分間のトレッドミルの高強度運動とそれに続く回復を4セット、中強度持続的訓練は、約50分間の中強度有酸素運動1セットとした。

その結果、HIIT群の高齢者は、MICTまたは対照群と比べて、記憶パフォーマンスが大きく改善した。記憶の改善はフィットネスの改善と直接相関していた。

「運動は認知症の発症を遅らせるための有望な介入であるが、効果的な予防のためのガイドラインはまだ存在しない。本研究がそのようなガイドラインの作成に役立つことを期待している」と筆頭研究者のジェニファー・ハイス准教授はコメントしている。

出典は『応用生理学・栄養学・代謝作用』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  中年期の筋肉量が多い人は心疾患のリスクが低い?  
  心臓代謝問題のある患者に加速度計が有効かも?  
  定期的な運動は心臓病患者のリハビリに有効  
  良く歩く高齢女性は股関節骨折が少ない!?  
  運動しないのは時間がないからではない  
  過度の運動トレーニングで脳も疲れる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報