リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  ケトジェニックダイエットがインフルエンザと戦う?
2019.11.27 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

高脂肪低炭水化物のケトジェニック食を摂取したマウスは、高炭水化物食を摂取したマウスよりも、インフルエンザウイルスに対する抵抗性が高まるようだ、という米国イェール大学からの研究報告。

肉、魚、非でんぷん質の野菜を豊富に含むケトジェニック食は、それまでインフルエンザに対する免疫反応に関与していなかった肺のT細胞サブセットを活性化し、気道細胞からの粘液産生を促進して、ウイルスを効果的にトラップするという。

研究チームがマウスを対象に実験した結果、ケトジェニック食を与えられたマウスは、高炭水化物食を与えられたマウスに比べて、インフルエンザ感染時の生存率が高かった。これは、ケトジェニック食によって、肺の細胞内層で粘液を生成するガンマ・デルタT細胞の放出が惹起されたためだった。

ガンマ・デルタT細胞の遺伝子を持たないマウスでは、ケトジェニック食には保護効果がみられなかった。

「本研究が示しているのは、身体が脂肪を燃焼させてケトン体を作る方法がインフルと戦う免疫系も活性化するということだ」と共主任研究者のヴィシャ・ディープ・ディキジット教授はコメントしている。

出典は『サイエンス免疫学』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  コロナ重症化リスクを高める(?)遺伝子を発見  
  飲酒問題を説明する29の遺伝子変異  
  消費者製品に含まれる化合物が肥満の原因?  
  ホップサプリメントには薬物相互作用なし!?  
  オンライン症状チェッカーはたいてい間違っている?  
  断食風食×ビタミンCとがん療法  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報