リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  友人や家族と食事をするとき、人々はより多く食べる
2019.11.27 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

友人や家族と食事をするときにひとりでよりもたくさん食べるのは、生存率を高めるための先祖がえりの一種かもしれない、という英国バーミンガム大学からの研究報告。これは心理学では「社会的促進」として知られる現象である。

先行研究で、ヒトは他者と共に食べる時にひとりで食べるより最大48%多く食べることや、肥満女性が29%多く食べることが報告されている。

今回研究チームは、社交的な食事に関する42件の先行研究を評価した結果、社交的に食べることは、単独で食べることに比べて摂食量を増やす強力な効果があることを発見したという。

その説明として研究チームは、先祖の狩猟採取民族は、食糧不足の時期に対する保護のために食糧をシェアしており、これが生存率を高める働きがあったからではないかと考察している。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  食事の臨床試験にはアウトカムの設定修正がよくある?  
  職場での加糖飲料の販売禁止は良い効果をもたらす  
  ビタミンDとオメガ-3は2型糖尿病患者の腎疾患を予防しない  
  ビタミンDとオメガ-3は全身性炎症のリスクを低下させない  
  寿命を延ばすにはずーっと少食で!?  
  不健康な「超口当たりの良い」食品を定義する  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報