リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[休養]  睡眠は年齢、居住地、性別によって異なる
2019.11.27 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ヒトは20歳を過ぎてもサーカディアンリズムが遅くなる傾向があるが、30歳までには戻るようだ、というフィンランド・ヘルシンキ大学からの研究報告。

研究チームは加速度計を用いて、世界中の16-30歳の17,355名(56%が女性)の睡眠を14日間にわたって測定した。

睡眠の持続時間とタイミングは、年齢、居住地域、性別によって異なっていた。16-24歳の者では睡眠のタイミングが遅くなる傾向がみられたが、それ以上の年齢の者では睡眠のタイミングは再び早くなった。

欧州と北米の人々が最も長く眠った。アジア諸国で最も短い睡眠が観察された。睡眠のタイミングは中東で最も遅く、オセアニアで最も早かった。

若い女性は若い男性よりも多く眠り、若い女性はより早い時間に眠る傾向がみられた。

「20歳以上の人でもサーカディアンリズムが遅くなることは興味深いことだった。思春期に睡眠のタイミングが遅れることはすでに知られていた。この研究で明らかにされたのは、成人期にもそれが実際に続くことだ」と研究者はコメントしている。

出典は『睡眠医学』。 (論文要旨)      
 「休養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  私たちは睡眠中に「洗脳」されている?  
  食後の眠気と長期記憶のつながりに関する新研究  
  睡眠不足は脂肪代謝に影響する  
  6時間未満の睡眠と心臓病・脳卒中:最悪のコンボ  
  寝不足の日はドーナツとフライドポテトが欲しくなる!?  
  ぐっすり眠るためのパーフェクトな入浴法とは  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報