リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  ビタミンD欠乏は60歳以上の成人の筋肉機能低下と関連
2019.11.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

愛蘭トリニティカレッジダブリンの新研究で、60歳以上の成人では、ビタミンD欠乏が骨格筋機能低下の重要な決定要因であることが示された。

研究チームは、『英国縦断加齢研究(ELSA)』から60歳以上の4,157名のデータを解析した。筋肉機能には2つの検証済み筋肉機能検査(握力とSPPD(簡易身体性能調査票))が使用され、血清ビタミンDには、25-ヒドロキシビタミンDを使用し、30nmol/L未満をビタミンD欠乏とした。

解析の結果、ビタミンD欠乏の高齢者は、筋肉低下の割合が40.4%で、ビタミンD正常者(21.6%)の2倍だった。道央に、筋肉パフォーマンス障害者は、欠乏者が25.2%で正常者(7.9%)の3倍だった。ビタミンD欠乏者は、正常者に比べて、筋力と筋肉パフォーマンスに障害のある可能性が有意に高かった。

「我々の悔過は、ビタミンD欠乏が高齢者の筋肉機能低下の可能性を高めることを示している。健康な加齢において筋肉機能の維持は極めて重要だが、しばしば見過ごされる」と主任研究者のマリア・オサリバン准教授は語っている。

出典は『加齢臨床研究』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  心肺フィットネスの改善は認知症なしの長寿につながる?  
  自らの健康について真実を語っているのは誰か?  
  高齢者の健康維持に新たな医療の枠組みを提案  
  犬を飼うことは長生きの秘訣!?  
  メタボ対策でフレイルも予防できそう!?  
  動きのパターンから高齢者のフレイルと障害を予測できる!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報