リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  父親の食事が子の心臓に長期的に影響?
2019.11.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

父親の食事が充分なたんぱく質を欠いていると精子の質が低下し、それが子孫の長期にわたる心血管系の健康に影響を及ぼすようだ、という英国ノッティンガム大学からのマウスを用いた動物実験の報告。

増加するエビデンスは、妊婦の食事が子供の発育に影響し、後年の心血管障害や代謝疾患につながることを示している。けれども、父親の食事の影響については殆ど研究されていなかった。

今回の研究では、マウスモデルを使って、質の低い低たんぱく質食を与えられた雄の子供の長期的な心血管の健康との関連が調べられた。

雄マウスは、普通たんぱく食(18%たんぱく質)か低たんぱく食(9%たんぱく質)を受胎前の少なくとも7週間摂取した。その結果、質の悪い食事は、精子の遺伝情報を変化させ、それが胎児の血管の形成に影響を及ぼし、その結果心血管機能を低下させた。

出典は『生理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  子どもがネットで健康情報を調べると肥満に!?  
  幼少期の栄養指導の効果は成人後も続く!?  
  子供の果汁飲料はより明確なラベルが必要?  
  果物は市販ベビーフードの深緑色野菜の味を隠すかも  
  メディアリテラシーが、子供たちの栄養と家族関係改善の鍵?  
  牛乳アレルギーのガイドラインが過剰診断をもたらす?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報