HOME › 各部案内 › 創薬基盤研究部 › アジュバント開発プロジェクト

各部案内

アジュバント開発プロジェクト

1.主要メンバー

○プロジェクトリーダー 石井 健
○上級研究員 黒田 悦史
○サブプロジェクトリーダー 飯島 則文
○研究員 岸下 奈津子(モックアップワクチンプロジェクト研究員 併任)
○特任研究員 久保 厚子、日下部 峻斗、田中 麻優里、百田 匡寿
○客員研究員 武下 文彦、城内 直、戸塚 幸、Cevayir Coban、小林 伸好、藤田 郁尚、斉藤 香織、北畑 裕司、小笹 浩二、鳥山 真奈美、宮地 一樹、升田 雄士、中川 貴之、大平 裕太
○技術補助員 中村 真理子、岡部 章子、森石 永子、川津 美代子
○事務補助員 鎌田 真由
○研修生 Burcu Temizoz、Michelle Lee、小張 真吾、日置 仰、程上 紗央里

2.研究目的・背景

これまで一貫して、感染症やその他免疫関連疾患における核酸(DNA, RNA)の免疫制御機構とその生理学的意義の解明、及び核酸を利用したワクチン、アジュバント、代替免疫療法開発を行っています。これらの研究成果をもとに、自身の臨床経験や治験審査の経験など最大限生かし、"Bench to Clinic"の具現化を目標にしています。本プロジェクトではワクチンのアジュバント開発研究に焦点を当て、既存、若しくは現在開発中のアジュバントの作用機序解明やその科学的エビデンスに基づいた有効性、安全性の向上技術の確立を目指します。

3.研究内容

(1)「ワクチンアジュバントの細胞内および細胞間シグナルの分子基盤とその応用」

ワクチンは現存する医療技術の中で、その起源が最も古く、かつ最も成功したもののひとつですが、その分子レベルのでメカニズムが解明されたとはいえない状況です。そこで我々の研究グループは、過去に成功を収めた感染症ワクチンや開発が進んでいる新規ワクチン、およびアジュバントによって引き起こされる宿主の細胞内、細胞間のシグナル伝達を分子レベルで解明することを研究の目標に掲げています。本研究は1)感染症ワクチンによって活性化される自然免疫受容体を介した細胞内、細胞間シグナル伝達(ワクチンシグナル)の分子レベルでの全容解明を目指し、さらに2)生体内レベルでのワクチンの細胞内、細胞間のトラフィック、プロセッシング、抗原提示やエフェクター機構を細胞レベルで誘導または操作可能になる技術を開発することにより、多くの感染症、各種免疫疾患にも応用可能な次世代ワクチン開発への分子基盤を形成することを目的とします。

(2)「新規ワクチン技術、アジュバントの開発」

アジュバントは強い自然免疫賦活化物質であることが多く、使いようによって毒にも薬にもなりえます。即ちアジュバントの有益な作用を最大限引き出し、有害な副作用をミニマムに抑えるための技術が必須となります。そこで我々はその特異性を上記のような自然免疫の受容体、シグナル伝達経路、エフェクター分子を介し高めるのはもちろん、DDS技術を用いて粘膜などの組織、細胞、細胞内ターゲッテイング能力を高めたアジュバントを開発しています。さらにこれらの研究成果を分子のレベルから生体のレベルに引き上げ、かつマウスから人のシステムに転換し、臨床の現場に還元する作業を迅速に進めます。

ワクチンアジュバントの開発研究

4.アジュバント開発プロジェクトのURL

詳細ページはこちら(http://www.nibiohn.go.jp/adjuvant/index.html

アジュバント開発プロジェクトへのお問い合わせ

このページの先頭へ