国立健康・栄養研究所ホームへ
交通アクセス お問合わせ 
NR情報講演会・セミナー等研究所紹介研究情報採用情報公告情報公開メールマガジン
ホーム > 研究所紹介 > 研究・情報・対外部門紹介 > 食品保健機能研究部 > 食品分析研究室 
国立健康・栄養研究所とは
組織図
研究・情報・対外部門紹介
 栄養疫学・食育研究部
 身体活動研究部
 臨床栄養研究部
 栄養代謝研究部
 食品保健機能研究部
 食品分析研究室
 食品栄養・表示研究室
 食品機能研究室
 健康食品情報研究室
 国際栄養情報センター
研究所紹介パンフレット(PDF)
交通アクセス

食品分析研究室

 健康増進法に基づき収去された特別用途食品、栄養表示がなされた食品について、表示どおりの栄養素や成分が含まれていることを高速液体クロマトグラフ法やガスクロマトグラフ法等の分析技術を用いた測定による確認を行っています。

 また、栄養成分の分析法の改良や特定保健用食品に含まれる新たな有効成分の分析技術の開発並びに標準品の規格化を行っています。

・健康増進法に基づく食品分析業務

 市販の加工食品などには、熱量やたんぱく質等の栄養成分の含有量を示した「栄養表示」がされている食品があります(注1)。この「栄養表示」に書かれている各栄養成分の表示値が適切であるかを確認するため、国や自治体による抜き取り調査(収去試験)が行われており、当研究室で実測試験を担当しています。

 また、健康の保持・増進の一助となる「特定保健用食品」、乳幼児用調製粉乳や病者用食品等の「特別用途食品」は、含有成分が一定の基準を満たすことを確認し、国による許可を受ける必要があります(注2)。当研究室では、この許可試験における食品成分の分析も行っています。

・分析方法の信頼性確保

 栄養成分の定量分析は、誰が実施しても同一の数値となるよう、分析方法が規定されています。しかし、実際は様々な理由により分析誤差を生じます。当研究室では、分析誤差が生じる原因を究明し、分析精度を高めるための研究を行っています(注3)。

 また、その一環として特定保健用食品に含まれる関与成分の標準品の規格化を行っています。さらに、誤差が小さくなるような分析方法の改良や、新たな分析方法の開発を行い、栄養表示の信頼性向上に努めています。

・食品の抗酸化力の測定と健康影響評価

 近年、健康志向の高まりに伴い、抗酸化物質を含んだいわゆる健康食品が多数流通しています。しかし、その有効性や安全性については充分に解明されているとは言えません。

 そこで、当研究室ではORAC法を用い、健康食品の抗酸化力を測定しています。また、一般的な食品の抗酸化力のデータを蓄積し、通常の食品からの抗酸化力の摂取量を推定しています 。さらに、安全性の評価として、抗酸化物質摂取と健康との関連を、培養細胞や動物を用いて調べています。

(注1)
栄養表示や特定保健用食品、特別用途食品の制度についてより詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい
(消費者庁食品表示課ホームページ)
http://www.caa.go.jp/foods/index4.html

(注2)
当研究所への特別用途食品 (特定保健用食品を含む) の分析依頼はこちらをご覧下さい。
http://www.nih.go.jp/eiken/info/info_tokuho.html

(注3)
特定保健用食品を含む特別用途食品の許可試験は、国立健康・栄養研究所以外に国が認めた5箇所の登録試験機関でも行われています。当研究室では、これらの各登録試験機関で均一な試験結果が得られるよう、分析精度管理を行っています。

2017年4月12日更新
お問合わせ 個人情報保護方針 セキュリティポリシー リンク・著作権等について 交通アクセス 所内向けサービス(所外からはご覧になれません)