リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  食事を改善し、がんのリスクを減らすための公衆衛生対策が必要
2022.5.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

50歳未満で診断される早期発症大腸がんが米国およびその他の高所得国で着実に増加し続けているようだ、という米国メイヨークリニックからのレビュー報告。この増加は、主にスクリーニングによる遅発性症例の減少とともに、診断時の年齢の中央値を2000年代初頭の72歳から現在66歳にシフトさせた。

メイヨークリニックでも大腸がんの若い患者の数が大幅に増加しているという。著者のフランク・シニクロープ医師は、「ほとんどの症例には既知の遺伝的根拠がなく、原因を特定できないことを認識することが重要です」と述べている。

「不健康な食生活や運動不足など、思春期に始まる大腸がんのリスク因子に対処するには、公衆衛生対策が必要です」とシニクロープ医師は述べている。「早期発症の大腸がんの特異的な原因は不明のままだが、データは、赤肉や加工肉、精製穀物や加工糖の摂取量が多い食事が腸の微生物組成を変化させ、慢性炎症を引き起こし、肥満と大腸がんの高いリスクをもたらすことを示唆している。」

「これまでの証拠は、植物ベースの食事とより多くの身体活動が、より好ましい腸内微生物叢を促進するのに役立つ可能性があり、それが次に大腸がんのリスクを減らす可能性があることを示唆しています」とシニクロープ医師は述べている。

出典は『ニューイングランド医学雑誌』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  買い物前のコーヒーは衝動買いの元凶に?!  
  カップル成立のカギは行動のシンクロ?  
  ハーブサプリメントの摂取には注意が必要  
  WHO財団はアルコール業界の寄付を受けるべきではない  
  健康コーチと1回だけのセッションは逆効果?  
  スーパーで人々をより健康的な食品の購入に誘導する  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報