リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  強制ではなく刺激する:「ナッジ」の有効性を証明
2022.1.24 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

「ナッジ」と呼ばれる特定のソフトインセンティブ手法が、人々に行動を変えさせるのに効果的であるようだ、という瑞ジュネーブ大学からの研究報告。

2000年代後半に米国の経済学者リチャード・セイラーによって開発された「ナッジング」理論の背後にある理論は、我々の選択は我々の推論能力によって決定されるだけでなく、我々の感情、思い出、他人の意見、または我々の環境の構成などの特定のバイアスによっても影響を受けるという原則に基づいている。これらの要素に焦点を当てることは、したがって、禁止や意識向上キャンペーンよりも、特定の行動を変えるのに効果的ということだ。

行動科学では、研究者はこれを「選択アーキテクチャ」の修正と呼んでいる。これは、たとえば、会社の食堂で最も健康的な料理を意図的にメニューの上部に配置して、選択の自由を侵害することなく、顧客が自分の健康に最も有益なオプションを選択するように促すことで行われる。この種の介入は、科学界と公的機関の両方からますます関心を集めている。

ナッジの人気が高まっているにもかかわらず、彼らのパフォーマンスはまだ完全には研究されていなかった。研究チームは、メタ分析により「ナッジ」の有効性を実証し、それらが最も多い領域を特定することに成功したという。

「このテーマに関して過去15年間に公開された200以上の科学記事を収集しました。これは、450以上の「ナッジ」戦略を表しています」と筆頭著者のステファニー・メルテンス博士候補生は語っている。

この研究を実施するために、研究チームは文献に記載されているナッジを「情報」、「構造」、「支援」の3つのグループに分類した。「情報」では、特定の食品に見られる「栄養スコア」ラベルなど、特定の選択を行うように動機付けるために個人に通知することを目的とした介入をグループ化した。

「構造」では、環境の構造を処理する手法をグループ化した。これは上記の、カフェテリアメニューで特定の食事を強調表示する例が挙げられる。

「支援」では、喫煙をやめ、周囲の人に知らせる人の場合のように、コミットメントの形式を含むナッジを分類した。知らされることで、彼または彼女の周りの人々は、禁欲的な喫煙者の選択アーキテクチャにおける「セーフガード」の機能を引き受ける。

研究チームは、ナッジの3つのグループすべてが効果的であると結論付けた。ただし、2番目のグループ(「構造」)の手法が最も効果的であると彼らは述べている。

「これらのグループ内で、健康、財政、エネルギー消費などのさまざまなアプリケーション分野も比較しました。結局、ナッジは食品の分野で最も効果的であることがわかりました」と主任研究者のトビアス・ブロッシュ教授は語っている。教授らはまた、この主題に関して何年にもわたって作成された研究の質の格差を観察してきたという。「ナッジが市民の日常生活に与える影響のために、全体的な研究の質を高めることが不可欠です」と彼は言う。

合成されたすべてのデータが研究者に利用可能である。しか、この研究は、これらの新しい慣行を実施したい政策立案者のための参照文書になることも目的としているという。「ただし、私たちの調査が示すように、ナッジは強力なツールであることを覚えておくことが重要です。したがって、ナッジは賢明に、民主的で透明性のあるプロセスの枠組みの中で使用されなければなりません」と研究チームは結論付けている。

出典は『国立科学アカデミー論文集』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ハーブサプリメントの摂取には注意が必要  
  WHO財団はアルコール業界の寄付を受けるべきではない  
  食事を改善し、がんのリスクを減らすための公衆衛生対策が必要  
  健康コーチと1回だけのセッションは逆効果?  
  スーパーで人々をより健康的な食品の購入に誘導する  
  仲間を選ぶ人は孤独を選ぶ人より幸せです?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報