リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  なぜストレスの多い経験はよく覚えているのか?
2021.11.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ストレスの多い経験が、中立的な経験よりも容易に記憶される理由を明らかにした、という独ルール大学ボーフムからの研究報告。

研究チームは、シミュレートされた就職面接中に参加者をストレスの多い状況に置き、次にこれらの面接からのオブジェクトについての参加者の記憶を記録した。機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を使用して、参加者が再び物体を見ている間、脳の活動を分析した。ストレスの多い状況でのオブジェクトの記憶は、ストレスの記憶がそれ自体をトリガーするのと同様の脳活動に依存しているようだという。

「我々は通常、何年も経った後でも、運転免許試験を受けるなど、ストレスの多い経験の詳細な画像を心の中に保持し続ける」と責任研究者のひとりオリバー・ウルフ教授は言う。「同じ日に公園を散歩しても、すぐに忘れてしまうのに。」

研究チームは、この現象の理由を理解したいと考えた。

これまでの研究と理論的考察では、ストレスの多い経験の記憶が中立的なそれとは異なる理由について異なる予測が立てられていた。

「アイデアのひとつは、非常に異なる記憶の状態が、より強力な記憶のカギであるというもので、別のひとつは、ストレスの記憶は互いにより似ているという兆候がみられるというものだ」と筆頭研究者のアンネ・ビアブラウアーは説明する。今回の研究は、後者の理論を証明するものである。

就職面接のシミュレーション中、面接委員会は多くの日常のオブジェクトを使用した。たとえば、委員会のメンバーの1人が、コーヒーをカップから一口飲んだりした。対照群は同じオブジェクトに直面したが、参加者はストレスを受けなかった。翌日、研究チームは、fMRIで脳の活動を記録しながら、両群の参加者にオブジェクトを見せた。ストレスを受けた参加者は、対照群の参加者よりもオブジェクトをよく覚えていた。

研究チームは、主に感情的な学習を主な機能とする扁桃体の脳活動を分析した。ストレス状況で委員会のメンバーによって使用されたオブジェクトのニューロンの痕跡を、使用されなかったオブジェクトのニューロンの痕跡と比較した。その結果、使用されたオブジェクトの記憶の痕跡は、使用されなかったオブジェクトの記憶の痕跡よりも互いに極めて類似していたという。これは、対照群には当てはまらなかった。つまり、ストレス状況でのオブジェクトの脳での表象は、きわめて密接に関連付けられており、それ以外の経験からは明確に区別されていた。

ストレステストの翌日、研究チームは、就職面接からのオブジェクトの写真だけでなく、委員会のメンバーの写真も参加者に見せた。参加者は主に、脳の活動が委員会のメンバーのプレゼンテーションが引き金になった活動と類似しているオブジェクトを思い出した。「委員会のメンバーは、面接でストレスを引き起こした。したがって、オブジェクトとストレスの引き金の間のリンクが、強化された記憶にとって重要であるように思われる」ともうひとりの責任研究者ニコライ・アクスマッハー教授は結論付けている。

論文のまとめ:
●心理的ストレスは、ヒト扁桃体中に記憶痕跡の表象を形作る
●ストレス・エピソードの中心的なアイテムの神経表象は、互いに結び付けられている
●記憶している中心的なアイテムの表象は、ストレッサーの表象に結びついている
●扁桃体類似パターンは、どのようにストレスが中心的なアイテムの記憶を改善するかを説明する

出典は『最新生物学』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ハーブサプリメントの摂取には注意が必要  
  WHO財団はアルコール業界の寄付を受けるべきではない  
  食事を改善し、がんのリスクを減らすための公衆衛生対策が必要  
  健康コーチと1回だけのセッションは逆効果?  
  スーパーで人々をより健康的な食品の購入に誘導する  
  仲間を選ぶ人は孤独を選ぶ人より幸せです?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報