リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  道徳的な嫌悪感は「苦い味」がする?
2021.6.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

共通の道徳的規範に違反する行動を目撃すると、脳は舌の動きを制御するニューロンを抑制するようだ。これは、味が悪いときに起こるのと同じ現象であるという。ボローニャ大学とメッシーナ大学が率いる国際共同研究。

「我々の研究は、道徳の口腔起源仮説を提唱する。口腔の嫌悪感によって最初に引き起こされた拒絶衝動が、道徳的違反からの撤退を促進するために採用された可能性がある」と、研究コーディネーターでボローニャ大学の神経科学者であるアレッシオ・アベナンティは語っている。「したがって、道徳的な嫌悪感は、思考プロセスと精神的認知能力の結果であるだけでなく、生理学的および感情的な反応に関連している。」

実際、「嫌な(disgusting)」とは、腐った食べ物や食べられない食べ物の味だけでなく、文化や価値観の道徳的規範に違反しているために反抗的であると感じる行動や行動も表している。研究チームは、舌の運動を制御するニューロンを分析して、道徳と嫌悪感の間のこの関係が身体的反応に関連する神経メカニズムに依存しているかどうか、そしてどのように依存しているかを明らかにした。

研究において、参加者は、道徳的違反のビネットを提示された。そして研究者らは、いくつかの電極を介して舌の動きを制御するニューロンの応答を記録した。

その結果、道徳的違反が被験者を憤慨で満たすほど、彼らの舌の運動能力がより抑制されることが示されたという。この現象は舌でのみ観察され、一次運動野の他の部分には関係していないようだった。

不快なものを味わうと、舌の動きが阻害される。この反応は、潜在的に有害な物質の摂取を防ぐための暗黙の回避防御メカニズムを反映している可能性がある。この研究は、同様の回避防衛機制が、共有された道徳的規範の違反への対応として適応した可能性があることを示唆しているという。

出典は『社会認知と愛情神経科学』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ハーブサプリメントの摂取には注意が必要  
  WHO財団はアルコール業界の寄付を受けるべきではない  
  食事を改善し、がんのリスクを減らすための公衆衛生対策が必要  
  健康コーチと1回だけのセッションは逆効果?  
  スーパーで人々をより健康的な食品の購入に誘導する  
  仲間を選ぶ人は孤独を選ぶ人より幸せです?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報