リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  がん生存者は自分の食事の質を過大評価
2020.7.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

がん生存者は、果実、野菜、全粒穀物を実際の摂取量よりもたくさん食べていると見積もる傾向があるようだ、という米国ジョージメイソン大学からの研究報告。

研究チームは、米国国民健康・栄養調査(NHANES)の2005年から2014年の参加者で2,361人のがん生存者と23,114人のがんのない者のデータを比較検討した。

がん生存者の食事の質は過去10年間改善が見られず、またがん生存者の食事は、がんのない者の食事に比べて健康的だったが、健康な食事インデックス(HEI)で評価すると、全般的に貧弱であったという。

食事の質の自己評価と実際の間には関連がみられなかった。

高齢者、収入の高い者、高学歴の者、ヒスパニックは、食事の質を過剰に自己評価する傾向が高かった。これら食事の質を過剰に高く評価する者の実際の食事の質は、食事の質を過小評価する者の実際の食事の質に比べて低い傾向がみられた。

自己評価の食事の質と実際の食事の質との間の相違を減らすことを目的としたテーラーメードの栄養介入とガイダンスは、がん生存率を改善し、人種/民族および社会経済的格差を狭める可能性がある、と研究チームは結論付けた。

出典は『欧州臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  本物のプロバイオティクスと呼べる細菌とは?  
  植物ベースの食事が健康的な加齢を促進する助けに  
  減量のためにどのくらい断食する必要がありますか?  
  ヒトが、お腹一杯ピザを食べるとどうなるかを検証!  
  なぜ日本人は長寿になった? 食と栄養から探る  
  糖への欲求と摂取を制御する脳細胞が特定された  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報