リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  運動が母乳のメリットを増加させることを発見
2020.7.7 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

妊娠中の適度な運動でも母乳中の成分が増加し、糖尿病、肥満など深刻な健康問題の生涯にわたるリスクが減少するようだ、という米国オハイオ州立大学の研究が『ネイチャー代謝』誌に発表された。

研究チームは、殆ど運動しなかった雌マウスから生まれた仔マウスに、妊娠中に活発に運動した雌マウスの乳汁を与えた。そして、乳汁中の成分による健康効果が仔マウスに伝達されることを発見したという。

次に、150名の妊婦・授乳婦を対象に身体活動量計によって運動量を計測したところ、1日の歩数が上昇するにつれて、3SL(3'-シアリルラクトース)として知られる母乳成分が増加したという。

「3SLの増加は、かならずしも運動強度に関係したものではなく、ウォーキングのような中程度の運動でも十分に利益につなげることができる」と主任研究者のクリスチン・スタンフォード准教授は語っている。

「運動はあなた自身の妊娠中、出産後の全体的な健康も高めるので、できることはなんでもやって動くことがあなたとあなたの赤ちゃんに有益である。」

研究チームでは、母乳哺育ができない女性にもこの活動的なママの母乳に含まれる有益な成分を分離精製して乳児用人工乳に添加できるか検討中とのことである。

出典は『ネイチャー代謝』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  秋生まれの赤ちゃんはアレルギー高リスク  
  乳児の腸内細菌叢に母乳の栄養素が及ぼす影響  
  母乳と赤ちゃんの免疫力をつなぐメカニズムを発見  
  妊娠中の高フルクトース食は子どもの代謝に影響する  
  母乳ベースの強化剤は未熟児のアウトカムを改善  
  子どもはサイレント・スプレッダー?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報