リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  高齢者の葉酸と認知機能には関係がみられない?
2020.6.30 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

血中の葉酸レベルが高くビタミンB12レベルの低いことは、高齢者の認知機能の低下リスクと関連していないようだ、という愛蘭トリニティカレッジダブリンからの研究報告。

研究チームは、愛蘭加齢研究(TILDA)の参加者で50歳以上の3,700名以上のデータを用いて血中の葉酸、ビタミンB12濃度と認知機能の関係を解析した。

その結果、血中ビタミンB12濃度が低い高齢者では、血中の葉酸濃度が高くても、認知機能の低下リスクが高くなかったという。ビタミンB12濃度が正常範囲の場合には、むしろ葉酸濃度が高い方が認知機能は良好だった。

「アイルランドでは、ビタミンB12不足の高齢者が葉酸を摂り過ぎると認知機能が低下すると考えられており、葉酸添加食品政策が実施されずにいるが、我々の調査では認知機能の低下リスクは高くない。むしろ葉酸を摂った方が認知機能は高い結果が得られた」と筆頭研究者のダイダラ・オコナー研究員はコメントしている。

出典は『英国栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  健康な老化と長寿に関係する腸内細菌叢  
  長生きのヒント?:普通体重からゆっくり増やします  
  肥満はアルツハイマー病に良くない影響を持つ?  
  不安定化した免疫系の暴走が脳の老化の原因かも  
  過剰な摂食と肥満が加齢を促進する?  
  ビタミンD摂り過ぎ、高齢者の転倒リスクに  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報