リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  良いことをするのは良いことですか?
2020.6.23 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

50歳以上で年100時間以上のボランティア活動をする人々は、活動しない人々に比べて、実質的に死亡リスクと身体障害リスクが低く、その後の身体活動レベルが高く、改善された幸福意識をもつ傾向が高いようだ。

研究チームは、米国人高齢者を対象とした『健康と退職研究』からランダムに選択された約13,000人を対象にした対面インタビューその他のデータを解析した。参加者は、2010-2016年から2つのコホートで4年以上追跡調査された。

解析の結果、年100時間以上のボランティアをする人々は、0時間の人々に比べて、死亡リスクと身体障害を起こすリスクが低く、身体活動レベルが高く、より良い心理学的アウトカムをもつことが明らかになった。

ボランティアと糖尿病、高血圧、脳卒中、がん、心臓病、肺疾患、関節炎、肥満、認知機能障害、慢性疼痛などの慢性状態の改善との関連性は確認されなかったという。

「人間は本質的に社会的な生き物だ。おそらくこれが、我々が他者に与えることで心と身体が報われる理由であろう。我々の結果は、高齢者のボランティア活動がコミュニティを強化するだけでなく、他者との絆を強化することによって、目的意識と幸福感を感じ、孤独感、抑うつ感、絶望感から身を守るのを助けることで、我々の生活を豊かにすることを示している。定期的な利他的な活動は死亡リスクを低下させる。我々の研究が幅広い慢性疾患に直接的な影響は示していないとしても」と主任研究者のエリックS.キム博士は述べている。

出典は『米国予防医学雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  認知症予防、12のポイント  
  デスクワークが認知機能の低下を抑えてくれる!?  
  成人の低-中程度の飲酒と認知機能の関連  
  肥満と認知症リスクの上昇  
  健康な生活習慣はアルツハイマー病リスクを減らす?  
  百寿者の研究は生活環境が長寿の鍵であると示唆  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報