リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  Camelina sativa油と魚油は脂質代謝に異なる影響
2020.6.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

Camelina sativa油と魚油は共にオメガ-3系脂肪酸が豊富だが、各々の健康効果は異なり、C. sativa油は心血管系の健康に有害な脂肪酸誘導体の生成を減らすとともに、酸化ストレスに対する防御効果もあるようだ。他方、魚油は血中の炎症を和らげる脂肪酸誘導体を増やすという。東部フィンランド大学の報告。

研究チームは、空腹時血糖が高めの43-72歳の男性を対象に12週間にわたってC. sativa油または魚油の効果を検討する介入試験を行った。

C. sativa油も魚油も、血中のオメガ-6系脂肪酸であるアラキドン酸濃度を低下させたが、C. sativa油は、アラキドン酸の誘導体である有害なメディエータも低下させた。魚油は炎症を抑える誘導体を増加させた。

研究チームは、従来の血中脂肪酸濃度だけでなく、種々のメディエータとしての誘導体の効果にも関心を持っており、今回の結果がそのための第一歩になったと述べている。

出典は『プロスタグランジン、ロイコトリエン、必須脂肪酸』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  本物のプロバイオティクスと呼べる細菌とは?  
  植物ベースの食事が健康的な加齢を促進する助けに  
  減量のためにどのくらい断食する必要がありますか?  
  ヒトが、お腹一杯ピザを食べるとどうなるかを検証!  
  なぜ日本人は長寿になった? 食と栄養から探る  
  糖への欲求と摂取を制御する脳細胞が特定された  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報