リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  気難し屋の子供は不健康な食習慣になりがち
2020.6.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

気難し屋の子供の親は、子供の良好な食習慣を形成するために特別の注意を払わないといけないかもしれない。こうした子供は食物と不幸な関係を発展させやすいのだという。ノルウェイ科学技術大学からの研究報告。

気難しさはしばしば怒りと同一視されるが、もっと多くのものを含んでいる。気難しさは子供が周囲と彼自身を取り扱う基本的な方法である。それは彼の個性の前駆体なのである。

研究チームは、800人の子供を対象に、彼らが4歳、6歳、8歳、10歳のときに、両親に子供たちの食生活と気難しさについて聞いて、気難しさが食生活の進化を予測できるかどうかを調べた。

その結果、我々がしばしば気難しさと考えるもの(たとえば、すぐに欲求不満になる、他の人よりも気分が変動し易い)がある子供は、不健康な体重増加と好き嫌いの多い食事につながる可能性のある食習慣に特になり易いことが明らかになったという。

彼らは、ずっと感情的に食べることを止めず、満腹でも食べ物がある限り食べ続け、好き嫌いも多くなりがちである。気難し屋の子供はまた、後年拒食的になり易い。つまり、悲しかったり、落ち付かなかったり、怖かったり、怒っていたりする時に食べる量が低下する。

気難し屋の子供が不健康な食習慣を発達させやすいことを考えると、彼らの両親が健康的な食事をサポートすることに特に注意を払うことが重要である、と研究チームはまとめている。

出典は『食欲』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  子育て参加がパパのメンタルヘルスに良い影響を与える  
  乳糖耐性はわずか数千年でヨーロッパ中に広がった  
  秋生まれの赤ちゃんはアレルギー高リスク  
  乳児の腸内細菌叢に母乳の栄養素が及ぼす影響  
  母乳と赤ちゃんの免疫力をつなぐメカニズムを発見  
  妊娠中の高フルクトース食は子どもの代謝に影響する  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報