リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  腸にやさしい菜食:酵素でFODMAPを取り除く
2020.5.1 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

植物性食品、特に豆類には、腸の不快症状を惹起するFODMAPが多く含まれるが、フィンランドVTT技術研究センターの研究チームは、酵素を用いて豆食品中のFODMAPを除去することに成功したと発表した。

研究チームは、2つの主要なFODMAP化合物であるガラクタンとフルクタンに焦点を当てた。ガラクタンは豆類に豊富に、フルクタンは穀類に豊富に含まれる。実験では、ソラマメとエンドウのたんぱく質濃縮物、そしてライ麦粉、グラハム粉、小麦粉からのFODMAPの除去を検証した。

その結果は、良好で、酵素処理によって、これらの植物性食品にはきわめて少量のFODMAPしか残らなかったという。

研究チームはさらに、この酵素処理を食品加工の工程に組み込むことを試み、種々の状況における食品加工にも酵素処理を組み込めることを証明した。

「現在、低FODMAP食に適した豆類ベースの食品は市場にないので、これは極めて興味深い情報となるだろう」と筆頭研究者のアンティ・ナイソラ主任研究員はコメントしている。

出典は『食品科学技術の動向』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  がん生存者は自分の食事の質を過大評価  
  尿検査があなたの食事の質を明らかにする  
  コーヒー中の苦味物質に関する最新の調査結果  
  ベジタリアンは肉を食べる人よりもスリムで内向的?  
  Camelina sativa油と魚油は脂質代謝に異なる影響  
  早期エピゲノム加齢が西洋型の食事で覚醒する  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報