リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  未診断のセリアック病患者は骨密度が低い
2019.11.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

未診断・未治療の推定セリアック病患者は、そうでない人に比べて、骨密度が低い傾向があるようだ、という米国ジョージメイソン大学からの研究報告。

研究チームは、「米国で我々は何を食べているのか」横断調査と米国・国民健康・栄養調査2009-2014年から13,000人以上の成人データを解析した。

推定される未診断のセリアック病(CD)患者の有病率はは285人に1人の割合だった。推定CDは、そうでない者に比べて、カルシウムの1日摂取量が251.6mg高かった。推定CD患者の総摂取量は、カルシウム密度(103.4mg/1,000kcal)とリン密度(46.7mg/1,000kcal)が有意に高かった。また、牛乳摂取量が、1日0.7カップ高く、血清リン濃度が4.0mg/dL(対照3.8mg/dL)だった。

血清カルシウム、ビタミンD、アルカリホスファターゼには違いが見られなかった。

推定CD患者は、大腿骨密度が、-0.1g/cm2低く、大腿骨頚部骨密度が、-0.1g/cm2低かった。総脊椎骨密度には違いが見られなかった。

成人の推定CD患者は、そうでない者に比べて、骨密度が低い傾向があるが、同時に総カルシウム摂取量、カルシウム密度、リン密度が高い傾向がみられるようだ、と研究チームは結論付けた。

出典は『米国栄養学会雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  歯磨きは心臓病のリスクを減らすかも  
  メタボを治すと心血管疾患リスク大幅減  
  ケトジェニックダイエットがインフルエンザと戦う?  
  糖尿病の高齢者に対する災害の長期的影響:ハリケーンカトリーナとリタからの証拠  
  砂糖摂り過ぎ、わずか2日で健康リスク!?  
  肺がんリスクの低下に関連する食物繊維、ヨーグルト  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報