リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  ケトジェニック食で皮膚の炎症が悪化する!?
2019.11.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

高脂肪、低炭水化物のケトジェニック食を検証した結果、ココナッツ油とパーム油が豊富なそれは、マウスの乾癬様皮膚炎症を増悪させることを発見した。オーストリア・パラケルスス医科大学の研究報告。

全ての油が我々の皮膚に等しく影響するわけではないようだ。ココナッツ油のような中佐脂肪酸が多い油とオメガ-3系脂肪酸の組み合わせが特に良くないようだという。

「本研究は、食事中の脂肪酸の組成の重要性を強調するものだ」と主任研究者のバーバラ・コフラー博士は語っている。「オリーブ油、大豆油、魚、ナッツ、アボカド、肉のようあ長鎖中性脂肪を主として含むバランスのとれたケトジェニック食は皮膚炎症を悪化させないことを発見した。けれども、中鎖中性脂肪を豊富に含むケトジェニック食は、特にオメガ-3系脂肪酸との組み合わせで、既存の皮膚炎症を増悪させる可能性があるので注意が必要だ。」

出典は『研究的皮膚科学雑誌 』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  歯磨きは心臓病のリスクを減らすかも  
  メタボを治すと心血管疾患リスク大幅減  
  ケトジェニックダイエットがインフルエンザと戦う?  
  糖尿病の高齢者に対する災害の長期的影響:ハリケーンカトリーナとリタからの証拠  
  砂糖摂り過ぎ、わずか2日で健康リスク!?  
  肺がんリスクの低下に関連する食物繊維、ヨーグルト  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報