リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  簡単な3つの指標で思春期の肥満発症と肥満解消が予測できる?!
2019.11.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

子供のBMI、母親のBMI、母親の教育レベルという3つのシンプルな要因で、思春期までに過体重になるか、肥満になるかの発症予測ができるようだ、というフィンランド、トゥルク大学等からの報告。

今回の研究では、母乳育児の期間、野外活動の量など、25種類の臨床指標の組合せが過体重・肥満問題、解消を予測するかを検討したという。対象者は、オーストラリアの子供の縦断的研究から、出生時に参加した3,469人(2-3歳)、幼稚園から参加した3,276名(4-5歳)である。子供の身長と体重、肥満関連臨床指標は2年毎に測定した。過体重、肥満は、10-11歳、14-15歳時、国際肥満タスクフォースのカットポイントの定義に従った。

結果は、子供が6-7歳の時のBMIが1単位高くなる毎に、14-15歳時に過体重、肥満等の体重問題を発症するリスクが3倍になり、体格問題の解消の可能性が約半分になったという。同様に、子供が6-7歳の時の母親のBMIが1単位増加する毎に、14-15歳時の過体重、肥満等の体重問題が発症するリスクが5%増加し、体格問題の解消の可能性が約10%減少した。また、母親の教育歴が大学卒業であると、過体重か肥満である可能性が低く、肥満問題を解消する可能性が高かった。

「 14-15歳で過体重、肥満である有病率は、6-7歳で3つのリスク因子のいずれも該当しない子供では13%だったのに対し、すべてのリスク要因をもっている者では71%であった。3つの要因の特定により、臨床医は、どの子供が過体重の発症および解消するかを予測するのに役立つ可能性がある」とケイト・リセット博士は述べている。

出典は『国際肥満学雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  腸内細菌は胎児にもあった!  
  子供の偏食を治療する方法を開発  
  父親の食事が子の心臓に長期的に影響?  
  自閉スペクトラム障害と体重増加は関連する?!  
  精子の質を高めるトマト由来のサプリメント  
  子供達の年間のBMIのリズムは?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報