リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  寿命を延ばすにはずーっと少食で!?
2019.11.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

食物摂取量を減らして寿命の延ばすためには、若いうちから減らす必要があるようだ、という独マックスプランク研究所などからの動物実験の報告。

成人期の食事制限は寿命を大きく延ばし代謝的な健康状態を改善することが様々な動物で確認されているが、哺乳類の場合、それをいつから始めるかはかならずしも明らかではない。

研究チームは、800匹のマウスを用いて、食事制限の時期を検討した。24カ月齢の雌マウスを自由摂食から食事制限へ、またその逆を行った場合の効果を観察した。

驚くべきことに、食事制限から自由摂食への転換は寿命を短縮した。自由摂食から食事制限への転換は、生存率に弱い影響しか持たなかった。これは身体が、より早期の栄養を記憶していることを示唆している、と研究チームは言う。

肝臓、褐色及び白色脂肪細胞のRNA配列決定から、脂肪細胞(特に白色脂肪細胞)では自由摂食後の食事制限が大きな転写および代謝反応を起こすことが明らかになった。また加齢した死亡前駆細胞において炎症促進性の兆候がみられたが、これは慢性的な食事制限によって予防された。

これらの結果は、「栄養記憶」が食事制限による寿命延長と白色脂肪細胞の代謝的リモデリングの制限因子であるというエビデンスを供給するするものである、と研究チームは結論付けた。

出典は『ネイチャー代謝』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  友人や家族と食事をするとき、人々はより多く食べる  
  食事の臨床試験にはアウトカムの設定修正がよくある?  
  職場での加糖飲料の販売禁止は良い効果をもたらす  
  ビタミンDとオメガ-3は2型糖尿病患者の腎疾患を予防しない  
  ビタミンDとオメガ-3は全身性炎症のリスクを低下させない  
  不健康な「超口当たりの良い」食品を定義する  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報