リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  身体活動が減少すると心血管リスクが増加する?!
2019.11.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

継続的に中等度から高強度の身体活動をしなかった者は、心臓と血管のリスクが27%程度増加するようだ、という韓国、ソウル大学大学院等からの報告。一方、活動レベルを増加させたものは、心血管疾患のリスクを11%低下させたという。

今回の研究の対象者は、2009年-2010年から2011年-2012年にかけて、韓国国民保健サービスが行った健康診断を2回連続受けた者、1,119,925名の男女(60歳以上)である。2016まで追跡調査したという。

結果は、2009年〜2010年の健康診断で継続的に活動的でなかった状態から、 2011年〜2012年の健康診断で週に3-4回、中等度から高強度の活動に変化した者は、心血管障害リスクが11%も減少したという。ベースライン調査時に週に1回か2回中程度から高強度の活動をしていた者は、1週間に5回以上に活動を増加させると、リスクは10%減少した。

一方で、初めの健康診断で、5回以上中等度から高強度に活動的であった者で、その後、2回目の健康診断時に継続的に活動的でなくなった者は、心血管障害のリスクが27%増加した。

「政府は、高齢者の身体活動を推奨するコミュニティベースのプログラムを、促進すべきである。また,臨床の観点からは、医師は、心血管障害リスクが高い者に対し、ほかの推奨される治療とともに身体活動の処方をすべきである」とキム氏は述べている。

出典は『欧州心臓雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  心臓代謝問題のある患者に加速度計が有効かも?  
  定期的な運動は心臓病患者のリハビリに有効  
  高強度運動が高齢者の記憶を改善するようだ  
  良く歩く高齢女性は股関節骨折が少ない!?  
  運動しないのは時間がないからではない  
  過度の運動トレーニングで脳も疲れる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報