リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  高齢者の健康維持に新たな医療の枠組みを提案
2019.11.11 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

高齢者の健康をより長期に保つための新たな医療の枠組みを提示する英国リバプール大学などによる声明が『サイエンス』誌に発表された。

本声明は、行政府、WHO、科学者および医学者共同体への「行動喚起」であり、力を合わせて加齢関連疾患の診断と治療のための基盤となるフレームワークを利用して、分類振り分けシステムを開発しようというものである。

充分な診断基準と重症度段階付けシステムを持たない加齢関連疾患は、予防と治療の能力が限られ、新薬と介入の開発能力も限られる。究極には、これは加齢に伴う共同体メンバーのQOLに影響を及ぼすことになる。

高齢者集団は、慢性疾患と多併存疾患状態に関連した緊急かつ満たされていない医療及び経済的要求があり、それは国及び世界レベルで解決されねばならない課題である。

現代社会は、歴史上初めて、大部分の人の寿命が60代を超えた時代である。2020年には60歳以上の人口が5歳未満の人口よりも多くなり、2050年には、60歳以上の人口は20億人に達する。

高齢者には、首・背中の痛み、変形性関節症、慢性閉塞性肺疾患、糖尿病、サルコペニア、認知症などの症状が一般的にみられる。加えて、加齢に伴って複数の疾患を同時にもつようになる。それは長い時間をかけて積み上げられていくものだ。そのために、広い年齢層の高齢者に効果的な診断と治療法の開発が求められるようになっている。

現在の加齢関連疾患の分類と重症度段階分けには限界があるという。それは一貫性がなく、不完全であり、システマチックでもない。ある種の疾患は複数の臓器で発見されたり、臓器委縮・不全につながるが、分類はあるひとつの臓器に限られるといったことがあるという。

この問題に対処するためにリバプール大学が主導する専門家の国際グループは、ポジションステートメント(意見表明)を発表し、加齢関連疾患の分類と重症度段階分けのフレームワークを明らかにした。重要なことは、このステートメントには、組織・臓器レベルでの加齢と臓器委縮、そして関連関連の全身性および代謝的疾患の病態的リモデリングと分類が含まれるということである。

主任研究者のスチュアート・カリンポート博士は、「このフレームワークは薬物や介入法の開発の助けになるものであり、これまでにないベネフィットがあるだろう」と述べている。

出典は『サイエンス』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミンD欠乏は60歳以上の成人の筋肉機能低下と関連  
  自らの健康について真実を語っているのは誰か?  
  犬を飼うことは長生きの秘訣!?  
  メタボ対策でフレイルも予防できそう!?  
  動きのパターンから高齢者のフレイルと障害を予測できる!?  
  人間の寿命における神経活動の役割を初めて特定  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報