リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[休養]  私たちは睡眠中に「洗脳」されている?
2019.11.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

脳脊髄液が睡眠中に脳の内外を洗浄しているようだ、という米国ボストン大学からの研究報告。本研究は、睡眠中の脳脊髄液の動きを画像化した初めての研究であるという。

眠りについてニューロンが静かになると、数秒後の脳から血液が流れ出す。その後、脳脊髄液が流入してリズミカルなハルスは出脳を洗い流すのだという。

脳波の、血液と脳脊髄液の流動とのカップリングは、正常な加齢関連障害についての洞察をもたらす。初期の研究は、脳脊髄液の流れと徐派活性が共に有毒な記憶障害をもたらすたんぱく質を脳から洗い流す助けになることを示唆していた。人が年を取るにつれて、脳はしばしば徐派を生み出すことが少なくなっていく。これは脳の血流に影響し、睡眠中の脳脊髄液のパルスを低下させるので、有毒なたんぱく質の形成と記憶力の低下につながる。研究チームはこれらの過程を別々に研究することが多いが、今回両者に極めて密接な関係があることが明らかになった。

加齢によって睡眠中の血液と脳脊髄液の流れがどう影響されるかをさらに検討するため、研究チームは次の研究のために高齢者を募集する予定である。現在の研究の参加者は全員が23-33歳だった。脳波計帽を被って脳波を測定するために、現在の13人は極めて雑音の高いMRI機器の中で寝なければならなかった。

「いつか自閉症やアルツハイマー病など、睡眠パターンの乱れに頻繁に関連するさまざまな神経障害や心理障害に関する洞察につながることを期待している」と研究者はコメントしている。

出典は『サイエンス』。 (論文要旨)      
 「休養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  食後の眠気と長期記憶のつながりに関する新研究  
  睡眠不足は脂肪代謝に影響する  
  6時間未満の睡眠と心臓病・脳卒中:最悪のコンボ  
  寝不足の日はドーナツとフライドポテトが欲しくなる!?  
  ぐっすり眠るためのパーフェクトな入浴法とは  
  睡眠中の「音療法」で認知症を食い止める  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報