リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  運動はアルツハイマー病の萎縮効果を遅らせる可能性がある
2019.11.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

中-高強度の有酸素湯運動によって健忘型認知機能障害(aMCI)患者の神経認知機能低下を予防できるかもしれない、という米国テキサス大学からの研究報告。

研究チームは、70名の患者をランダムに2群に分けた。1群は12カ月にわたって有酸素運動を、別の1群はストレッチング&トーニング(アクティブ対照群)を実施した。

記憶及び実行機能の成績は、両群で同様に改善された。同様に両群で、脳容積は低下し、皮質アミロイドβプラーク沈着は増加した。

心肺フィットネスは、対照群と比較して介入群で有意に改善された。アミロイド陽性患者では、対照群と比較した場合、介入群は海馬萎縮の減少と関連していた。

「アミロイドを有する患者の脳が、他の人よりも有酸素運動に反応したことは興味深い。介入は海馬が小さくなることを止めなかったが、運動によって幾分その速度を低下させたことはエキサイティングな啓示であった」と研究者はコメントしている。

出典は『アルツハイマー病学雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  活動的であることは前立腺がんのリスクを軽減する?  
  運動を続けると脳の灰白質に良いことが判明  
  運動が心臓病を防ぐ理由を説明する研究  
  有酸素運動と健康的な食事は記憶障害の発症を遅らせる?  
  中年期の筋肉量が多い人は心疾患のリスクが低い?  
  心臓代謝問題のある患者に加速度計が有効かも?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報