リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  自宅での運動はパーキンソン病患者に良い影響
2019.11.5 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

家庭で実施するゲーム要素などを加味したステーショナリーバイクによる運動は、パーキンソン病患者の心血管フィットネスレベルを改善した、という蘭ラドバウド大学医療センターからの報告。

運動が健康に良いとは思っても、多くの人が長期にわたって運動を維持することは難しい。パーキンソン病のような疾患のある人でもそれは同じである。

研究チームは、パーキンソン病患者を対象に単一施設二重盲検ランダム化対照臨床試験を実施した。

130名の参加者をランダムに2群に分け両群に運動を勧める動機づけアプリを使ってもらった。対照群(65名)では、ストレッチだけが勧めされ。介入群(65名)では、少なくとも週3回、家庭でのステーショナリーバイクの30-45分の運動が始動された。

介入群のバイクには動機づけゲームが装備され、より楽しんでまた挑戦的に運動が実施できるようになっていた。

これら動機づけ要素のおかげで、参加者は6か月間にわたって週3回のエクササイズを忠実にこなしたという。終了後、介入群は対照群に比べて、心血管フィットネスがより良好になり、運動障害も有意に改善された。

出典は『ランセット神経学』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  1日10,000歩歩いても体重増加を防げない  
  仕事場にサイクリング? 長生きするかもしれません  
  活動的であることは前立腺がんのリスクを軽減する?  
  運動を続けると脳の灰白質に良いことが判明  
  運動が心臓病を防ぐ理由を説明する研究  
  有酸素運動と健康的な食事は記憶障害の発症を遅らせる?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報