リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  朝食前の運動で健康効果が2倍アップする
2019.11.1 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

食事と運動のタイミングを変えることでより良い血糖コントロールが可能になるかもしれない、という英国バース大学とバーミンガム大学からの研究報告。

研究チームは、肥満の男性30人を対象に、ランダムに2つの介入群(運動の前後に朝食を摂取)と対照群(生活習慣を変えなかった)に分けて6週間の介入研究を行った結果、朝食前に運動した人は朝食後に運動した人に比べて2倍の脂肪を燃焼させたという。

夜間絶食した人が運動中にインスリンレベルが下がることが主な原因となって、脂肪の利用が高まるために、脂肪組織から脂肪が筋肉に輸送され燃焼するのであるという。

本研究の対象は男性だけだが、研究チームは、今後女性を含む種々の集団に適用されるか検討したいという。

「朝食前に運動した男性は、朝食後の運動した男性の2倍の脂肪を燃焼したことがわかった。重要なことはこれが減量には影響しないが、全体的な健康を劇的に改善したことだ」と主任研究者のハビエル・ゴンザレス博士は語っている。

出典は『臨床内分泌学・代謝雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  1日10,000歩歩いても体重増加を防げない  
  仕事場にサイクリング? 長生きするかもしれません  
  活動的であることは前立腺がんのリスクを軽減する?  
  運動を続けると脳の灰白質に良いことが判明  
  運動が心臓病を防ぐ理由を説明する研究  
  有酸素運動と健康的な食事は記憶障害の発症を遅らせる?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報