リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  メタボ対策でフレイルも予防できそう!?
2019.11.1 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

肥満や座位行動を減らし、身体活動の強度を高め、禁煙の成功率を改善することを目的とした介入は、潜在的にフレイルのリスクも減らす効果があるようだ、という英国デ・モントフォート大学からの研究報告。

研究チームは、『英国加齢縦断研究(ELSA)』から50歳以上の参加者のデータを使用した。健康状態、障害の程度、認知機能、聴力、視力、うつ症状、日常動作など56項目からなる多面的フレイルインデックスのデータを統合し、フレイルの発症について7,420名のデータからコックス比例ハザードモデルを用いて解析し、フレイルの進行について8,780名の12年間の追跡調査データから線形回帰モデルを用いて解析した。

年齢が、最も強いフレイルの予測因子だった。けれども、変更可能なリスク因子を含むその他の変数が、独立してフレイルに関連していたという。最も貧困であること、学歴がないこと、肥満、高いウエストヒップ比、前喫煙者、痛み、座位行動、下半身の力が低いことがすべてフレイルの進行と発症の有意なリスク因子であった。

「もっと活発になる、タバコを止める、体重を減らすといった生活習慣の変更によって、劇的にフレイルのリスクを減らすことができるようだ。例えば、タバコを吸わず、身体活動をする人は、そうでない人に比べて、フレイルのリスクは半減した」と筆頭研究者のニルス・ゲオルグ・ニーダーストラッサーは語っている。

出典は『プロスワン』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  自らの健康について真実を語っているのは誰か?  
  高齢者の健康維持に新たな医療の枠組みを提案  
  犬を飼うことは長生きの秘訣!?  
  動きのパターンから高齢者のフレイルと障害を予測できる!?  
  人間の寿命における神経活動の役割を初めて特定  
  死亡リスクの増加につながる断片化された身体活動  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報