リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  低FODMAPダイエットは小児の治療にも有用?
2019.10.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

膨満感、胃痛などの消化器症状の引き金となる炭水化物が少ない食事、低FODMAP食、は胃腸に問題のある小児の治療に有用であるようだ、というニュージーランド・オタゴ大学からの研究報告。

研究チームは、IBS(過敏性腸症候群)のような機能性腸疾患(FBD)で低FODMAP食治療を受けた小児患者29名の症例ノートから集めたデータを解析した。

29名中、消化器症状が完全に解決したのは膨満感12例中11例、下痢15例中13例、腹痛22例中17例であった。23名(79%)の患者が症状の改善を報告した。

フルクタンが最も一般的に症状を起こす原因の炭水化物とみられたという。

低FODMAP食は、FBDの小児患者の食事療法の戦略として有用である、と研究チームは結論付けた。

出典は『JGHオープン』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  先史時代の哺乳瓶が見つかった!  
  業界は、不健康な子供の食べ物を制限するテレビ広告規制に不当に影響を与えた?  
  複数の野菜を繰り返し提供すると、幼児の野菜摂取が増加?!  
  栄養プログラムだけでは、健康な脳の発達には不十分  
  ビタミンD不足の小学生、思春期の不安・抑うつ症状リスクに?  
  妊婦のフッ化物への曝露が子供のIQを下げる可能性  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報