リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  サルは低濃度のアルコールが好きだが、カロリーのためではないようだ
2019.10.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

果実を食べるサルは醗酵した果実に含まれるアルコールを好むが、それは補足のカロリー源としてではないようだ、というスウェーデン・リンショーピング大学とメキシコ・ベラクルサナ大学からの研究報告。

熟し過ぎた果実が微生物によって醗酵するとき、アルコールが生成する。いくつかの研究で、果実を食べるサルがこの食事性のエタノールを補足のカロリー源とすることが示唆されている。研究チームはこれを検証するために今回の研究を実施したという。

メキシコで実施された最初の実験では、研究チームは、8頭のクモザルに水道水および醗酵果実に含まれる天然のエタノールを0.5-3%の濃度で与えた。すると、サルたちは0.5%でもエタノールを感知することができたという。ヒトの場合では、1.34%ていどが検出限界である。サルたちはすべての濃度のエタノールを水よりも好んで飲んだという。

「この結果が実証しているのは、果実を食べるクモザルは驚くほどエタノールに対する感受性が高いということだ。そして、彼らがこのアルコールを好むということである」と主任研究者のマチアス・ラスカ教授は語っている。

二つ目の実験では、クモザルがエタノール入り砂糖溶液とエタノールなしの砂糖溶液のどちらを選ぶかをテストした。明らかに、サルたちはエタノール入りのほうを好んで選択した。けれども、エタノール入りの砂糖溶液と、エタノールなしの高濃度の砂糖溶液を与えると、サルたちは明らかに純粋な砂糖溶液のほうを好んで選択し、それはエタノール入りの溶液のほうが3倍のカロリーを含んでいても変わらなかったという。

同様の実験では、クモザルにエタノール入りの果実ピューレとエタノールなしの果実ピューレを選ばせた。どちらの実験においても、クモザルにとっては、エタノールが供給するカロリーよりも全体の糖含量がより重要だということが示唆された。

「この知見は、したがって、果実を食べるサルが食事性のエタノールを補足のカロリー源として用いるというアイデアを支持しない。同様に、この知見は、類人猿がアルコールを含む熟し過ぎた果実を好んだことがヒトのアルコール中毒の起源であるというアイデアも支持しない」と教授はコメントしている。

出典は『化学的感覚』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  健康的な食事は、難聴のリスクを軽減する?!  
  友人や家族と食事をするとき、人々はより多く食べる  
  食事の臨床試験にはアウトカムの設定修正がよくある?  
  職場での加糖飲料の販売禁止は良い効果をもたらす  
  ビタミンDとオメガ-3は2型糖尿病患者の腎疾患を予防しない  
  ビタミンDとオメガ-3は全身性炎症のリスクを低下させない  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報