リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  腸内細菌が血糖値にマイナスの影響を与える
2019.10.4 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

世界中で何百万もの人が糖尿病を引き起こす可能性のある深刻な血糖値問題を経験しているが、腸内細菌が通常は良いと思われるセロトニンに影響して血糖値レベルを悪い方向に持っていくことが初めて明らかになった。豪州フリンダース大学からの研究報告。

セロトニンは脳内の神経伝達物質として、いわゆる「幸福ホルモン」と呼ばれており、睡眠、ウェルビーイング、代謝などを制御する働きが知られている。けれども腸が全体の95%を生産しており、それは脳内でみつかる幸せな形ではないようだ。

研究チームは、マウスの腸内細菌がセロトニン産生細胞とコミュニケーションをとって、宿主(マウス)の血糖値に影響を及ぼすことを発見したという。

「我々は、腸内細菌が腸のセロトニン産生細胞に信号を送って我々の代謝を悪化させることを発見した。細菌はセロトニン濃度を高めるが、それは我々が以前肥満のヒトでも示していたことであり、この血中セロトニン濃度の上昇は顕著な代謝問題を惹起するのだ」と主任研究者のダミエン・キーティング教授は語っている。

「次のステップは、どの細菌がどのようにそれをしているのかを厳密に明らかにすることである。できれば、それが人における血糖値制御の新たなアプローチにつながればよいと思う。」

出典は『国立科学アカデミー論文集』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  楽観主義は、心血管イベントと全死因死亡率と関連するかも?!  
  体重増加と腸内細菌を結び付ける分子を特定  
  腸内細菌叢の日々の働きが宿主の代謝機能を調節する  
  糖尿病および心血管疾患とより強く関連している女性の腹部深部脂肪  
  ベジタリアンとペスクタリアンは冠動脈疾患のリスクが低い?  
  アルツハイマー病の研究で空腹ホルモンと記憶が結びつく  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報