リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  宇宙食のビタミン分解を予測する数学モデルを開発
2019.10.3 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

マサチューセッツ大学アマースト校の食品科学研究チームは、宇宙飛行士が長期にわたるミッション中に栄養状態を良好に保持するのに役立つ、画期的かつユーザーフレンドリーな数学モデルをNASAのために開発した。

この新研究は、NASAが宇宙飛行中に起きる食品中のビタミン分解を容易に予測することができるという。

研究チームは、実際に3,000以上の宇宙食ポーチを調製し、実際の貯蔵条件に合わせた成分変化を追跡調査した。

その結果、研究チームは、3つのクルーメニューオプション(玄米、エンドウマメスープ、ビーフブリスケット)における2年以上のビタミンB1(チアミン)分解過程を初めて明らかにしたという。

20℃で貯蔵された玄米とエンドウマメスープはチアミン分解に耐性を示すことを証明できたのは、「全く驚き」だったと研究者は言う。ビーフプリスケット中のチアミンはかなり不安定で、2年後には3%しか残存していなかった。

完成した数学モデルは、この2年間にわたる実測値を良好に予測可能であったという。これによってNASAはサプリメントを使うことなく必要な栄養を補給できるだろう、と研究者はコメントしている。

出典は『食品化学』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  赤身肉と加工肉摂取は減らさなくても良いかも?!  
  オメガ3系魚油サプリメントで心血管疾患が低減?!  
  健康的な食事が腎臓病の予防に役立つ可能性  
  追加の菜食オプションで肉の摂取を減らす  
  栄養不良の人々の「手をすり抜ける」魚の微量栄養素  
  サルは低濃度のアルコールが好きだが、カロリーのためではないようだ  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報