リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  糖尿病および心血管疾患とより強く関連している女性の腹部深部脂肪
2019.9.27 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

325,000人以上を対象とした包括的研究で、腹部深部脂肪が糖尿病と心血管疾患の発症の主要な寄与因子であることが示された、というスウェーデン・ウプサラ大学からの研究報告。『ネイチャー医学』誌に発表された。

研究ではまた、腹部深部脂肪は男性よりも女性においてより大きいリスク因子であることも示されたという。研究チームは、我々の遺伝子が脂質の蓄積にどのように影響するかを検討し、新たに単純な腹部深部脂肪量の水的法を開発した。

内臓の周囲に貯蔵される腹部脂肪は、糖尿病と心血管疾患のリスクを高める因子として知られている。本研究で、研究チームはさらに一歩進めて遺伝子データを使用し、腹部脂肪と糖尿病、心筋梗塞、高血圧、高脂血症の真の因果関係を示したという。

研究チームは、より簡単に腹部脂肪量を推定する方法を開発した。この方法は研究目的で有用なだけでなく、ヘルスケアにおいても有用であるという。

「腹部脂肪量を測定するためには先進的かつ高価な画像診断装置が必要だ。我々が開発したシンプルな方法は、腹部深部脂肪量を他のパラメータから推定するものであり、より簡便に腹部脂肪自体を測定できる。この方法は多くのクリニックにおいても使うことができる」と筆頭研究者のトルグニー・カールソン博士は語っている。

「我々は腹部脂肪と疾患リスクとの関係が男性よりも女性で強力にリンクしていることに驚いた」と共同研究者のアーサ・ヨハンソン准教授は語っている。「腹部脂肪が1kg増えると女性では2型糖尿病リスクが7倍高まる。男性では2倍と少しに過ぎない。」

研究チームはまた、腹部深部脂肪の量が少ないか中程度の人々において疾病リスクが最も急速に上昇することを発見した。

「このような非線形の効果は極めて興味深い。腹部脂肪と疾患の関係の背後にある生物学への理解を手助けするものだ」とカールソン博士は言う。

研究チームはまた、ゲノム中の数百万の位置から腹部脂肪の量に影響を及ぼす遺伝子を同定した。その数は200以上に及んだ。それらの中で、大きな部分が我々の行動に関連するものであり、これは、我々の腹部肥満の主要な寄与者は結局食べ過ぎと運動不足によるものであることを示唆している。けれども、脂肪の体内分の仕方は個人によって異なっており、太り過ぎには見えない人でも有害な量の腹部脂肪を蓄積していることがあるという。

「本研究の知見は、我々に簡単な腹部脂肪の測定法をもたらし、糖尿病や心血管疾患のリスクの高い者の同定を容易にするだろう」とカールソン博士は語っている。

出典は『ネイチャー医学』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  楽観主義は、心血管イベントと全死因死亡率と関連するかも?!  
  体重増加と腸内細菌を結び付ける分子を特定  
  腸内細菌が血糖値にマイナスの影響を与える  
  腸内細菌叢の日々の働きが宿主の代謝機能を調節する  
  ベジタリアンとペスクタリアンは冠動脈疾患のリスクが低い?  
  アルツハイマー病の研究で空腹ホルモンと記憶が結びつく  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報