リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  低脂肪食は、女性のがんやその他疾患に有効?!
2019.9.24 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

果実類、野菜類、穀類の摂取量増加による低脂肪食は、乳がん後の死亡の減少、糖尿病の進行を遅延、冠状動脈性心疾患の予防に役立つようだ、という米国フレッドハッチンソンがん研究センター等からの報告。

今回の研究の対象者は、閉経後女性48,835人(50〜79歳)であり、調査開始時に、脂肪のエネルギー比率が32%以上の者である。対象者は、@低脂肪食パターン群、A通常の食事群(対照群として)ランダムに割当てられた。介入の目標として、野菜と果物を1日5サービングに増やす、穀類を1日6サービングに増やし、脂肪摂取量を総エネルギーの約35%から20%に減らすことされた。

結果は、約20年フォローアップ後、乳がん後の全死因による死亡が15%から35%減少、インスリン依存の糖尿病が13%から25%減少したという。また、調査時に高血圧、心血管疾患のなかった者の冠動脈性心疾患は15%から30%減少したという。

「今回の結果は、全体的な健康に対する栄養の役割を支持し、果実類、野菜類、穀類の豊富な低脂肪食事は、副作用は観察されず、健康上のメリットがあることを示唆する」と筆頭研究者のロス・プレンティス博士は述べている。

出典は『栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  糖尿病の家族歴を有する者は、骨密度が増加?!  
  普通体重で腹部肥満の閉経後女性は死亡リスクが高い  
  高齢女性の社会的関係の悪さは、骨量減少に関連する?!  
  仕事を先延ばしにする女性はドパミンが多い!?  
  健康な高食物繊維食で子癇前症のリスクを低減  
  「朝型生活」の人、乳がんリスク低め  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報