リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  EPA+DHAの用量を指定するためのオメガ-3計算機を作成
2019.9.11 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

健康的なオメガ-3インデックスを達成するためのEPAとDHAの量を計算する方法を開発した、という米国ペンシルバニア州立大学などからの研究報告。

これまで、EPAとDHAの用量についてはきわめてわずかな情報しか得られていなかった。近年の研究結果には広い範囲の差異が存在し、それには用量の問題が関係している可能性があった。それはEPAとDHAの用量が充分でないために血中レベルのオメガ-3インデックスに影響を与えず、そのために効果がみられなかった可能性があった。

研究チームは、ベースラインのオメガ-3インデックスと使用するEPAとDHA用量がわかれば、最終的なオメガ-3インデックス(と95%CI)が推定できる計算式を開発した。例えば、ベースラインのオメガ-3インデックスが4.9%、EPAとDHAの用量が840mg(1gのエチルエステルカプセルとして)の場合、達成されるオメガ-3インデックスは平均6.5%(95%CI:6.3%、6.7%)と推定される。

式を再構成すれば、13週間でオメガ-3インデックスを8%にするのに必要なおおよそのEPA/DHAを(トリグリセリドの形で)計算できる。ベースラインのオメガ-3インデックスが2%なら2,200mgのEPAとDHA、4%なら1,500mg、6%なら750mgである。

この計算式は、オメガ-3インデックス検査を不要にするものではないという。ベースラインの値が計算には必須だからである。

「推奨量は平均的なものであり、個人の実際の反応までは予測できない」とジャクソン博士は言う。「最近の消費者コホートにおいて、我々は魚介類の摂取やサプリメントの使用にも関わらず、個人によってオメガ-3インデックスは幅広いバラツキがあることを発見した。」

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  1日おきの断食で効果的にダイエットできる!?  
  野菜が豊富な食事は多発性硬化症患者の疲労を軽減  
  りんご、お茶、節制:長寿のための3つの成分  
  毛髪サンプルで明らかにされた伝統的なユピク族の食事  
  過去40年間、中国の塩分摂取量は世界一高い  
  スラリとした大人でも300kcalカットで心臓をさらに保護します  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報