リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  科学者は褐色脂肪が人々の健康に良い理由を発見します
2019.9.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

ラトガー大学などの研究チームは、いかにして褐色脂肪細胞が肥満や糖尿病を予防する助けになるか発見したと『ネイチャー』誌に発表した。

褐色脂肪は熱産生器官と考えられている。ヒトでは首、鎖骨、腎臓、脊髄の周囲に数グラム存在する。低温で活性化されると、褐色脂肪は血中の糖と脂質を使って熱産生を行う。

本研究は、褐色脂肪が血中の分岐鎖アミノ酸(BCAA)を分別して除去する助けになることを発見したという。BCAA(ロイシン、イソロイシン、バリン)は、タマゴ、肉、魚、鶏肉、牛乳などに含まれるが、運動系のサプリメントとしても売られている。

通常の血中濃度では、BCAAは健康維持に必要だが、過剰にあると糖尿病や肥満に関連する。研究チームは、褐色脂肪がない人々のBCAA除去能力が低く、それが肥満や糖尿病の発症につながることを発見した。

研究チームはまた、20年来の謎だったBCAAがどのようにミトコンドリアに入り細胞のエネルギーと熱産生を起こすかを明らかにした。新奇なたんぱく質(SLC25A44)が褐色脂肪がこのアミノ酸の血中からの除去速度をコントロールして、それを使ってエネルギーと熱を産生するのである。

「我々の研究は、BCAAサプリが健康な人では褐色脂肪を活性化して有効性を発揮するが、高齢者、肥満、糖尿病患者などではそうでない場合があるというバラドックスを説明するものだ」と共同研究者のラブロス・シドシス教授は語っている。

出典は『ネイチャー』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  不妊治療の男性に葉酸、亜鉛サプリは効果なし  
  過剰な脂肪が膵臓に溢れて2型糖尿病を起こす!?  
  カフェインは脂肪、糖類摂取の悪影響を緩和する?  
  超加工食品の摂取量が多いと2型糖尿病が増加するかも  
  行動介入は薬と同じくらい食物摂取を減らせる!?  
  唐辛子を食べることは心臓発作や脳卒中を予防するかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報