リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  妊婦のフッ化物への曝露が子供のIQを下げる可能性
2019.9.5 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

カナダ6都市で601組の母子を対象としたヨーク大学の観察研究が、母親の妊娠中のフッ化物への曝露と子供の3-4歳時の低いIQとの関連性を示唆している。

水道水は何十年にもわたって虫歯予防のためにフッ化物が添加されてきた。米国市民の多くがフッ化水を供給されているし、カナダ市民の3分の1、欧州市民の約3%にもフッ化水が供給されている。

本研究では、妊娠中のフッ化物への曝露を2回にわたって分析した。

512組の母子ペアの母親の尿中フッ化う物濃度と子供のIQデータが利用可能であり、さらに400組の母子ペアでは自己申告によって水道水とそれを使った飲み物の摂取量と子供のIQデータが利用可能であった。

フッ化物代謝と子供の知能形成に影響する種々の因子を調整した結果、尿中フッ化物濃度が1mg/L上昇するごとに、男児のIQが4.5ポイント低くなることが明らかになったという。女児の場合には有意な関連はみられなかった。

またフッ化物の摂取が1mg上昇するごとに、男児及び女児のIQが3.低くなることがわかった。

研究チームは、本研究が観察研究であるための限界があり、未測定の因子が結果を説明する可能性を排除できないとしている。また妊娠中の胎児のフッ化物への曝露は測定されていない。

出典は『JAMA小児科学』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミンD不足の小学生、思春期の問題行動リスク2倍に?  
  小児のグルテン摂取はセリアック病リスクを高める!?  
  青少年エンパワメントプログラムが肥満を予防する  
  地中海式ダイエットは妊婦の健康度を高める!?  
  新生児の腸内細菌の代謝物が、アレルギー・喘息の原因に!?  
  乳幼児のリン酸塩摂取は許容量を超える可能性がある  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報